ゲイブ・ニューウェルの「人生で助けとなった本」、3冊を紹介

|

Business Bigwigs

ゲイブ・ニューウェルが推薦する書籍3冊

いまやPCゲーマーに知らぬ人のいないゲイブ・ニューウェル。

世界最大のゲームプラットフォーム”Steam”の顔役として知られる彼は一体何をこれまでの歩みの中で学び、それが助けになってきたのだろうか。

あるユーザーが彼に直接コンタクトを取り「これまでの人生で助けとなった本を教えて欲しい」と質問したところ、本人から回答があったという。海外フォーラムにてやり取りが公開されている。

やり取りを公開したユーザーは、彼が役に立った本として挙げた3冊の本は「興味深いことにいずれも組織作りの基本方針についての考え」を説いていたと語っている。

  1. Dr. Yalom – Theory and Practice of Group Psychotherapy
  2. Brooks – ­The Mythical Man-Month.
  3. Malkiel – A Random Walk Down Wall Street

いずれの著作も日本語版が存在したため、併記する。

1. ヤーロム グループサイコセラピー ― 理論と実践

アメリカにてグループセラピーを志す人々にとってはバイブルの位置づけとなっている著作の日本語版。対人関係論的なグループセラピーの要点が押さえられている本とのこと。

※訳者違いで”グループサイコセラピー―ヤーロムの集団精神療法の手引き“が存在する。

2. 人月の神話

ソフトウェア開発にまつわる困難と展望について、IBMで大型プロジェクトの開発チームをリードした経験を持つブルックス教授が持論を展開するエッセイ集。

現在でも「大規模開発プロジェクトにおけるソフトウェア工学の古典」として知られている。

3. ウォール街のランダム・ウォーカー

1973年の初版以降、改訂を繰り返し2016年には第11版が出版された投資のバイブル。

株式市場の成り立ちから投資理論、株価分析の手法などが紹介された、資産運用の初心者から玄人までに推奨されるベストセラー。