Nintendo Switchを11回コンクリートに落とす実験映像が公開

任天堂は過去、湾岸戦争の最中に爆撃を受けても壊れなかったゲームボーイを輩出した偉大なメーカーだ。

Nintendo Switchは衝撃に強い

Nintendo Switchの落下耐久テストが行われた。

新しい任天堂のゲームハードを手に入れた人々の中に、世界一苦いと言われるゲームカードをベロベロ舐めてみることはあっても、コンクリートに何度も落としてみようと思った人は少ないはず。

ただ、外でもプレイできることを売りにしているNintendo Switchなのだから、何度くらいまで地面に落としてしまっても生き残るのかは知っておいた方がいい知識だろう。

YouTuberのBrandon Baldwinが実験動画を公開している。

11回の落下実験に耐えたNintendo Switch

この動画の結果を見るに、約1.5メートルの高さから11回落としたとしてもNintendo Switchは問題なく動作するようだ。

Switch本体が動作するだけでなく、11回落とした後を見てみても液晶部分に重大な損傷は起きておらず、かなり衝撃に考慮した造りとなっていることが分かる。

ただ、液晶部分に傷がつかないわけではないため、何度も落としてしまう懸念のあるうっかりさんには、かすり傷を防ぐためのプロテクターの装着が推奨されている。

任天堂は過去、湾岸戦争の最中に爆撃を受けても壊れなかったゲームボーイを輩出した偉大なメーカーだ。今回も頑丈な造りであることが分かり、安心して外に持ち運べそうだ。

もちろん、本当に落とした時に壊れない保証はどこにもない。念のために書いておく。