最大100人で文明崩壊後の世界をサバイバル、『Lost Region』の新情報が判明

|

100人が同時プレイ可能なサバイバル

オープンワールド・サバイバルゲーム『Lost Region』のクラウドファンディングが開始された。

事前に通達にあった通り、本作のクラウドファンディングが開始されたことに伴い、気になるシステム面での新情報やフッテージトレイラ―が公開されている。

クラウドファンディングページによれば、Lost Regionは三人称視点のサバイバルアクションゲームとして開発されており、マルチプレイとシングルプレイの両方に対応した作品となる。

  • 1セッションあたり最大100人までの同時プレイをサポート
  • 64平方キロメートルのオープンワールド
  • 最大4人までの協力ミッション要素を搭載
  • 外交要素を備えたクラン機能を搭載

各プラットフォームの発売時期が判明

Lost Regionは文明崩壊後のサバイバル要素にフォーカスした作品として、戦闘や探索、建築や勢力同士の外交などを描く意欲作。

既存の勢力に参加することはもちろん、自分自身の派閥を立ち上げたり、拠点となる基地を建設したり敵勢力から奪うことが可能。自らの力を誇示することの出来る世界を作り上げるLost Regionでは、「文明崩壊後の歴史はあなたに委ねる」が背景にあるようだ。

発売時期や対応機種についても情報が開示された。

  • 対応機種
    PC / Xbox One / PlayStation 4 / Mac / Linux

  • 発売時期
    PC / Mac / Linux向けに2017Q2時期、Xbox One / PlayStation 4向けに2017Q4時期

価格についてはDAMONGEが以前開発者のDenis Fiyurskiyに確認した通り、PC版は7ドルからとなっている。クラウドファンディングについても同様に、7ドル以上の支援でゲームキーその他の特典が付属している。

PC版の配信はSteamを予定しているようだ。