プラチナゲームズ新作『Scalebound』のキャンセルを、トップはXboxファンの為になると信じている

今回の開発キャンセルによってMicrosoftとプラチナゲームズの提携に変化があったかは語られなかった。

Xboxファンのためになる決断

プラチナゲームズが開発していた『Scalebound』のキャンセルについて、XboxのボスであるPhil Spencerがコメントしている。

Spencerは自身のTwitter公式アカウントにて、開発キャンセルの決断は「難しい」ものであったと説明したが、その決断はXboxファンのためになると信じているという。

Microsoftが1月9日に開発のキャンセルを正式に発表したのち、SpencerはXbox陣営がフォーカスする残りの17作品のラインナップがゲーマーにとってより良い結果をもたらすだろうと語った。

GameSpotによると、公式に発表が行われた直後からXboxの公式YouTubeチャンネルからScaleboundの動画は削除され、Xbox.com上からも削除されているという。

Scaleboundは『ベヨネッタ』などで知られるディレクターの神谷英樹氏の元で開発が進められていたが、今回の開発キャンセルによってMicrosoftとプラチナゲームズの提携に変化があったかは語られなかった。

なお、プラチナゲームズの新作『Nier: Automata』はPlayStation 4向けに日本で2月23日、PC向けに2017年後半発売予定となっている。