Razerがトリプルディスプレイ装備のゲーミングノートPCを発表、GTX1080と17.3型モニタを3枚搭載

「従来までの面倒なマルチモニター環境のセットアップは、Project Valerieにより終わりを告げる」とRazerは自信満々の様子だ。

3面モニタ装備のノートPC

ゲーミングデバイスメーカー大手のRazerは常に最先端。CES 2017に登場したRazerは、世界初となるトリプルディスプレイ仕様のゲーミングノートPCを発表した。

これは”Project Valerie”と呼ばれており、現在のところコンセプトだけのお披露目だが、商品化しないとはRazerは一言も言っていない。

GameSpotの解説によると、Valerieは17.3インチの4K画質対応モニターを3つ備えており、NVIDIAの提供するG-sync機能に対応しているという。Razerはプロのクリエイティブな人々に最適となりうると語っている。

性能も重量もゲーム用デスクトップ並み

Valerieの外見は通常時は普通のノートPCだが、スクリーン展開モードになるとメインディスプレイの後ろから追加で2枚のディスプレイがせり出してくる仕掛けだ。最大展開時には解像度11,520 x 2160という化け物になる。

「従来までの面倒なマルチモニター環境のセットアップは、Project Valerieにより終わりを告げる」とRazerでCEOを務めるMin-Liang Tanは話した。

搭載するグラフィックボードはGeForce GTX 1080となっており、デスクトップのゲーミングPCと比べて性能は遜色ない。ただし重量だけが欠点で、12ポンド(約5.5kg)近くあり、こちらもデスクトップ並みだ。

前述したとおりProject Valerieは現時点ではコンセプトのみの発表であり、発売時期や価格については発表されなかった。