Obsidianが現代機甲部隊ゲーム『Armored Warfare』の開発者を解雇したと発表

|

Armored Warfare開発者がレイオフ

Obsidian EntertainmentはF2Pチームシューター『Armored Warfare』の開発スタッフのレイオフを実施した。同社は『Fallout: New Vegas』などの開発元として知られている。解雇された従業員の正式な人数は非公開だ。

CEOのFeargus Urquhartによれば、Armored WarfareのパブリッシャであるMy.comがプロジェクトの一部を本拠地であるモスクワに移管するための決定だという。Gamesturaが伝えている。

「今週、我々はArmored Warfareに関係する開発者の何名かに、来年初めに解雇すると通知を出した。Armored Warfareのパブリッシャが製品開発の一部をモスクワに移管することが決定されたためだ」

UrquhartはVentureBeatに「Armored Warfareに関われたことを誇りと思う」と声明を伝えており、現在は解雇される開発者の新たな職場と住居を探す手伝いをしているとのこと。

Armored Warfareはオープンベータが2015年にPC向けに開始された、現代機甲部隊をテーマにしたゲーム。