Fallout 4のVR化は既に動き出している

Bethesdaは現在、『Fallout 4』をVRに対応させるため活動しているようだ。

この情報はPC Gamerによれば、製作総指揮者であるTodd Howardがインタビューにて明かしたもの。「BethesdaにはFallout 4をVRに対応させる考えはあるか」との問いかけに対して「確実にある」と答えたことで判明した。

インタビューによれば、ここでHowardが構想しているVRはFallout 4のまさしく全てをVRにて体験できるようにするというものだ。

荒涼とした大地にヘッドセットと共に立たされ、旅に出るコア体験。ゲームの部分的な要素をVR化するのではなく、全てをVR化することを考えているという。

現在既にBethesdaはFallout 4のVR化のために動き出しているそうだが、具体的なリリース時期などが決定するのはまだまだ先になりそうだ。