Ubisoftの今後のDLC戦略

Ubisoftは今後、ゲームの根幹部分を追加するようなDLCを発売することはないと語った。

同社のLive OPS副社長を務めるAnne Blondel-Jouinが、GI.bizに語っている。

現在Ubisoftは『Rainbow Six: Siege』を大きく成功させており、そして今後5年から10年にかけてゲームの運営を続け、プレイヤーの参加率を維持するために課金要素に慎重な対応を行う意思があるという。

DLCの未購入が体験を損ねてはいけない

Blondel-Jouinは、今後ゲーマーが自分のキャラをカスタマイズする為など以外にゲームに対して追加でお金を払う必要はないと宣言している。「ゲームのすべてを体験したいというときに、もうDLCを買う必要はありません」

その理由についてBlondel-Jouinはアミューズメントパークを例に挙げ、ゲームを全て楽しむために追加でDLCの購入が必要なケースは間違っていると説明している。

アミューズメントパークにたとえますと、あなたはすべての乗り物に乗ることができますが、同様にお店に行って食べ物を買ったり買い物したりいろいろとすることができます。(中略)もしあなたがそれを買わなかったとしても、なにもできなくなるわけではありません。

win-winな関係を築きたい

実際にRainbow Six: Siegeでは追加のマップは無料で利用できるし、その選択はアクティブユーザー数の維持にも商業的にも貢献しているという。ライバルであるRespawnも、追加マップを提供することはファンたちがよりゲームを長く遊び続けてくれるようになると語っている。

Ubisoftはゲーマーと、双方に利益のある公平な関係を築くことを望んでいる。

今回の宣言は、ゲーマーがDLCを購入しないという選択肢を選んだとしても、彼らから本来受け取るべきだった体験を損ねる真似はしてはならないという決意の表明だ。