FF15のネタバレ拡散について、スクウェア・エニックスは法的措置を検討している

ネタバレを拡散させる行為が営業妨害行為であると認定された場合、スクウェア・エニックスとして法的な措置も含めて対応することが明言された。現在調査が行われている。

リーク映像の公開には法的措置も視野

『FINAL FANTASY XV(ファイナルファンタジーXV)』は発売前にも関わらず、ネット上にネタバレ映像がリークされてしまっている。

本作のディレクターである田畑端氏はこの件について謝意を表明するとともに、スクウェア・エニックスとしてネタバレ映像の公開について法的措置を検討していることを明かした。

今、ネタバレを拡散させるということが営業妨害に当たる行為かどうかということを調査していますし、もしそうだった場合、もちろん当然法的な措置も含めて検討しています。

IGNが行った生放送イベントにて、出演した田畑氏はリークを阻止できなかったことを謝罪し、同時にリークによる情報の拡散を自粛するよう求めた。

「長く待ってもらってるゲームですので、他の人の楽しみを奪ってはいけないと思います。なので即刻やめてください」

『ファイナルファンタジーXV』は11月29日にPlayStation 4及びXbox One向けに発売予定。