頭の動きに合わせて回転する椅子

PlayStation VRやHTC Viveが出揃い、いよいよ多くの人々がVRコンテンツに慣れ親しめる環境は整ったが、おそらく直ぐに何かが足りないと気が付くことだろう。

それは、ヘッドセットの中の世界は動いているのに現実の自分はちっとも動いていないということだ。このインタラクティブ性の欠如は人によっては大きなマイナス点になる。

そんな弱点を克服するためのデバイスが「Roto VR」だ。

主要ヘッドセットには全て対応可能

Roto VRはVRコンテンツを楽しむことに特化した電動椅子デバイスで、Roto VRのヘッドトラッカーをVRヘッドセットに装着した状態で使用することで、頭を向けた方向に360度椅子が回転してくれるという。

足元のペダルにはタッチセンサーも備えられており、歩行することやジャンプなどの捜査をセンサーから行うこともできるとのこと。

PCWatchによれば本製品は2017年1月の発売予定で、11月5日までは499ドル、その後は699ドルでの販売となっている。

気になるRoto VRが対応しているVRヘッドセットだが、Gear VR/Google Cardboard/Oculus VR/HTC Vive/Playstation VRに対応しており、ほぼメジャーなヘッドセットは網羅できている。

振動を体感することのできるオプションデバイスも告知されており、VR命のユーザーは要注目だ。