PS4版が突如MOD対応を再宣言

Bethesdaは、PlayStation 4向け『Fallout 4』及び『The Elder Scrolls V: Skyrim Special Edition』がMODに対応することを発表した。

9月初めにBethesdaは「Sonyは残念ながらプレイヤーがなんでも自由にできるようなMODを許諾してくれなかった」と公式サイト上で不満をまき散らしながら、両作品のMODサポートを見送ると発表し、一時はMOD対応はもはや実現することはないと絶望視されていた。

しかし、ここにきて突然対応の方針が一変したことから、BethesdaはSonyのMODに対する考え方を変えさせることに成功したようだ。

Skyrimは4K画質にも対応

IGNによれば両作品はMODに対応するだけではなく、PlayStation 4 Proにも対応し、Skyrim Special Editionに関してはネイティブ4Kを実現することまでが発表された。

なお公式サイトの情報によればMODの対応はSkyrimから行われる。PlayStation 4向けのMODはBethesdaが公式に配布しているCreation Kitを通じて製作することができるが、いかなる外部で製作されたアセットもMODに含めることができないと注意書きされている。

『The Elder Scrolls V: Skyrim Special Edition』は11月10日発売予定。