MOD導入をSONYが許諾せず

PS4版『Fallout 4』でMODを導入できる日を心待ちにしていたユーザーに悲報だが、開発元のBetehsdaはFallout 4のPS4版についてMODに対応しないことを発表した。

BethesdaがMOD対応の約束を撤回したのはFallout 4及びThe Elder Scrolls V: Skyrim Special Edition。

当初Fallout 4のPS4版向けMOD配信の遅れについてBethesdaは「テクニカルな問題」によると説明を行っていたが、IGNによれば新たに情報がアップデートされ、SONYとの話し合いで折り合いがつかなかったことためMOD対応を見送る決定をしたと発表している。

同様の理由から、発売予定のThe Elder Scrolls V: Skyrim Special EditionについてもMOD対応が見送られた。

我々は何か月もソニーと話し合ったが、彼らは残念ながらプレイヤーがなんでも自由にできるようなMODを許諾してくれなかった。

あなたがそうであるように、我々もまたソニーの判断を非常に残念に思っているが、別の方法でプレイステーションユーザーにMODコンテンツを提供する方法を考えている。だが、ソニーの考えが変わらない限り、PS4で「Fallout 4」や「スカイリム」のMODコンテンツを提供するのは難しい。

この状況に何らかの変化がある場合は、すぐにお知らせする予定だ。