Steam ハードウェア調査2016年7月版

世界最大規模のPCゲームプラットフォームであるSteamが毎月公開している、自サービス利用者のハードウェア統計調査の2016年7月版が公開された。

PCゲーム市場で最もユーザーを集めるプラットフォームにて集計されたこのデータは、最もハイエンドPCゲーム市場の近況を正確に表しているといえるだろう。

Steam ハードウェア & ソフトウェア 調査: July 2016

Steam ハードウェア & ソフトウェア 調査: July 2016

この調査によればWindows 10は無料アップグレード期間最後のひと押しが効いたかシェアを伸ばし、CPUではIntel製がシェアを拡大していったことが分かる。

AMDとNVIDIAはこぞって最新世代のグラフィックカードを市場に投入し、両社のその性能の上昇具合が市場を大いに騒がせていたものの、勢力争いはNVIDIA勢力の誇るGeForceブランドが勝利をもぎ取っている。NVIDIAとIntelを遮るものは、もはやPCゲーム市場にはどこにもいないように思える。

またグラフィックカードの型番別シェアでは、今月から統計に初登場したNVIDIAの目玉新製品GTX 1080は0.28%、GTX 1070は0.32%となっていた。日本時間で6月29日より販売の開始されたATIの目玉新製品Radeon RX 480については、発売日の関係からか統計上のシェアが振るわず欄外となっていた。おそらくは足切りとなる0.15%未満であったとみられる。

  • CPU: Intel → 77.25%, AMD → 22.75%
  • VGA: NVIDIA → 56.98%, ATI → 24.68%