G2Aはハッカーに最高と評価されている

ゲームキー再販業者のG2Aは最近、不名誉なニュースでたびたび話題となっている。ある時には盗まれたゲームキーが数多く出品されているとゲームデベロッパーから告発され、あるゲーム開発者は消費者に対して「G2Aを利用するくらいなら海賊版を遊んでくれ」と発言して注目を集めた。

現在のところG2Aはそうしたゲーム業界各所からの反発に対して、すべての売り上げの10%をゲームデベロッパーに対して支払うことを明言し、ひとまずの落ち着きを見せていたが、Kotakuの行ったハッカーへの取材からまた新たな不名誉が飛び出してきた。

GamasutraによればKotakuが取材を行ったのは、成人向けヴィジュアルノベルのローカライザーMangaGamerから大量のゲームキーを盗んだブラジル人ハッカーだという。彼は「G2Aを盗んだゲームキーを売るには最高の場所」と話している。

このブラジル人ハッカーはMangaGamerから不正に何百ものゲームを盗品クレジットカードを用いて購入したと話しており、MangaGamerに対して何万ドルもの損害を与えたという。そしてゲームキーはG2Aで販売された。

ゲームキー再販業者の欠陥

SteamやGOGのようなPCゲーム販売サービスでは、デベロッパーやパブリッシャーが価格を設定し設定された利益を受け取っている。しかしG2Aのようなタイプの市場では、eBayのように個人のユーザーがそれぞれ自身が持っているゲームキーを販売することで成り立っている。

これらはゲームのスペアキーであったり、何らかの理由でユーザーが不要としたゲームキーが販売されることが多いが、Steamなどとは違いそのゲームキーの出所は必ずしも合法的であるとは保証されていないことが問題となっている。

MangaGamerの取り扱い作品例

MangaGamerの取り扱い作品例

ゲームキーの盗難がパブリッシャーに与えるダメージ

MangaGamerは今年2月にハッカーによって受けた被害を説明している。

「突然あるIPアドレスが新規アカウントを作成し、ゲームを30本も購入し返品を行おうとしていることを発見した。なんでそんなことをするんだ?明らかに普通のユーザーの行動ではない」とMangaGamerのPRディレクターJohn Pickettは語る。

直ちにアカウントの停止措置が取られたものの、別のアカウントが新たに生まれるだけだった。ゲームの購入には異なるクレジットカードが用いられ、その数は増加の一途をたどった。MangaGamerにとってこれは猛烈な殴打に他ならない。クレジットカードが盗品であったことで支払処理に不備が生じるたびにMangaGamerには支払取り消し金が課せられる。

金融機関が課す莫大なペナルティ

「支払取り消しが40ドルのゲームの購入対して発生するとき、我々はキャンセルされたことで40ドルの売り上げを失い、しかも30ドルのペナルティを課せられる」とPickettは語る。「100個の違法な購入が行われれば、それは3,000ドルの損失だ。30,000ドルの損失ならば1000キーが盗まれたことを意味する」

類似としてHumble Bundleのスポークスマンは、2012年に24時間で支払取り消し金によって34,000ドルの損失を被ったことを明らかにしている。

Kotakuではこの一連の騒動によってMangaGamerは契約していた支払機関から追放され、オンライン上で決済を行いゲームキーを販売することが不可能になったと伝えている。新たな契約先を見つけるまでの間をPickettは悪夢であったと語る。

pirateCopyRight

ハッカーが利益を生む方法

取材に答えたブラジル人ハッカーは、政府ウェブサイトなどに攻撃を仕掛けているProto Waveと呼ばれるグループのリーダーを名乗り、今回のMangaGamerへの攻撃からどのように利益を得るのかを説明している。

ハッカーによれば利益は盗んだゲームキーを販売することによって得ているという。クレジットカードが盗品であることが発覚するまでには時間差があるため、それまでの間にゲームキーを売り払ってしまうのだという。「これは非常に簡単だ。銃なんか使うこともなくただ指を少し使うだけでいい」

ゲームキーはG2Aのようなマーケットプレイスを備える市場で売りさばくという。買い手には自分が買ったゲームキーが違法かどうか知るすべがなく、違法だと発覚するまでに捌くことはたやすいとのこと。

ハッカーはMangaGamerから盗んだゲームキーをG2Aで販売することで500ドル以上を儲けたと話している。「G2Aは盗んだゲームキーを売るには最高の場所だ。早くて簡単な商売ができる」

構造的な欠陥からの帰結

PC Gamerはこの件に対してまさに問題の核心だと評している。

「人々は安いゲームを望む。不道徳な一部の人々がそれらを提供することは簡単だ。G2Aのようなサイトが必ずしも違法なことをしていなかったとしても、そこを不道徳な人々は利用しに来る」

G2Aをはじめとしたゲームキー再販業者への反発はまだまだ当面続きそうだ。Kotakuにて詳細なレポートが掲載されている。