NVIDIAとAMDの殴り合い続く

PCゲーミングGPU市場は目玉商品が勢揃いしごった煮となっている。

NVIDIAは「GeForce GTX 1060」を249ドルで7月19日より発売することを発表した。電源など細部を強化したFounders Edition版については299ドルでの販売となる。

NVIDIAはGTX 1060のアピールとして、前世代のハイエンドモデルGTX 980と同等の性能を249ドルで提供することを強みとしている。

gtx1060-2

4GamerによればGTX 1060の消費電力は120Wとなっており、GTX 960と同等に収まっている。この数値は基本的にはライバルとなっているAMD社のRadeon RX 480よりも低い値で、若干有利とのこと。

NVIDIAは具体的な製品名を避けつつも「最も近い競合製品に対し平均して性能は15%、電力効率は75%高い」と主張している。

明確にRadeon RX 480へのカウンターとしてきたNVIDIAとAMDの戦い。価格差は約50ドルだが性能はNVIDIAが上だという。どうなるだろうか、戦いの行方に注目していきたい。