バイオハザード最新作は初となる欧米人脚本

『バイオハザード 7』(Resident Evil 7)はシリーズ初となる欧米人による脚本となる。

本作の脚本を担当するのはSpec Ops: The Lineで知られるRichard Pearsey。

VG247によればPearseyはF.E.A.R.の脚本を担当したことでも知られ、バイオハザードシリーズにとって初となる欧米人による脚本となるという。Pearseyは自身のTwitterにて喜びを報告している。

バイオハザード 7は北米にてPC/PlayStation 4/Xbox One受けに2017年1月24日に発売予定。