圧倒的な低価格さをアピールするAMD

AMDは、ライバルであるNVIDIAの発表へのカウンターとして、新型GPU”Radeon RX480″を発表した。

Radeon RX480の想定売価は税別で199ドルとなっており、もちろんこの価格設定はGeForce GTX 1080を意識している。

4Gamerの報道によればRadeon RX480は新世代アーキテクチャPolarisを採用し、既存AMD製GPUと比較すると消費電力あたり2.8倍の性能向上を果たしている。

AMD幹部のRaja Koduriは本GPUが価格性能比の高い製品であることを強調し、GTX 1080の700ドルという価格に対して500ドルで用意できるRadeon RX480の2枚刺しの方が性能が上だとアピールしている。

西川善司氏はこの発表に関するAMDの思惑として「皆さん、700ドルあったらRadeon RX480を2枚買って、お釣りを好きなゲームに投資したらどうです?」と語っている。

005

NVIDIAは性能差を理由に一蹴

対してNVIDIAのプロダクトマネージャーを務めるJustin Walkerは「GTX 1080が世界最速のGPUであることに変わりはない」と語り、Radeon RX480はあくまでもVRに適用できるのみで、GTX 1080とは違って性能に余力が無いと一蹴している。

NVIDIAとAMDの終わりなき戦いは続く。PCゲーマーの宗教戦争もまだまだ続くということだ。

Radeon RX480の詳細情報は後日発表されるとのこと。