GTX 1070のベンチマーク結果が公開された

先日NVIDIAが発表した次世代GPUのフラグシップGTX 1080は、圧倒的な性能と消費電力効率を見せPCゲーマーたちを驚嘆させたが、その下位モデルである”GeForce GTX 1070″のベンチマークが各紙にて発表されている。

下位モデルながらもGTX 1070はGTX 970よりも低消費電力で、GTX TITAN Xよりも高性能だ。

4Gamerが行ったベンチマークテストによれば、GTX 1070は数パーセントの違いながらも前世代の最上位モデルであるGTX TITAN Xを上回る成績を収めたことが見て取れる。

3DMark及びFar Cry Primalを用いたベンチマーク結果を見ると、GPUコアの性能が強く影響するテストではTITAN Xに対して若干の後れをとっているものの、メモリ性能による差が大きく出てくる最高設定でのテストでは新世代にて大きく改善されたメモリ技術によってスコアが逆転している。

The DivisionやFallout 4など直近の大型人気作でのベンチマークテストでも、大半のテストにてGTX 1070はTITAN Xに対して上回るスコアを記録しており、TITAN Xクラスに匹敵するゲーム性能を要求する場合、十分にGTX 1070が選択肢に入ってくる。

GTX 970よりも低い消費電力

消費電力を測定したグラフを見てみると、アイドル状態の消費電力自体は前世代と比べても大差は無いが、グラフィックカードが本領を発揮するアプリケーション実行時の消費電力はGTX 1080に比べて最大55W近くの低減を実現している。

これはGTX TITAN XやGTX 980 Tiと比較すれば124Wも消費電力が低いことを意味している。

049

GTX 1070のFounders Editionのメーカー想定売価は税別で449ドルとされており、無印である非Founders Editionのメーカー想定売価は379ドルとされている。先日発表された日本におけるGTX 1080の売り出し価格は10万円と高価であったが、GTX 1070の日本売り出し価格は6万円台半ばになるとのこと。6月10日以降発売予定。

PCパーツメディアではGTX 1070を1080を上回る人気が出るかも知れないと絶賛しており、ゲームPCのアップグレードを検討しているならば今世代は間違いなく買いだろう。