闘い続けるプロゲーマーたちの生きざまに迫る

WOWOWが近年世界中で注目を集めつつあるeSportsにフォーカスしたドキュメンタリー番組を制作することが発表された。

キャッチコピーには「今ビデオゲームの世界では、プレーすることで報酬を得るプロがいる。葛藤を抱えながらも、この新しい職業に人生を見いだし、闘い続けるプロゲーマーたちの生きざまに迫る」が挙げられており、本番組では”ストリートファイター”シリーズのプロ選手を紹介するとのこと。

出演者は「ももち/ゲーマービー/ジャスティン・ウォン/ルフィ/梅原大吾」となっている。放送は5月14日(土) 13時からWOWOWプライムを予定しているとのこと。

IMG_3307

<以下、プレスリリースをそのまま掲載しています>

WOWOWオリジナルドキュメンタリー
「国際共同制作プロジェクト 格闘ゲームに生きる」5 月放送決定

株式会社WOWOW(本社:東京都港区、代表取締役社長 田中 晃、以下「WOWOW」)は、国際共同制作プロジェクト最新作として、世界中で人気が拡大するビデオゲームの対戦によるスポーツ競技“e-Sports”(エレクトロニック・スポーツ)のプロ選手に迫ったドキュメンタリー「格闘ゲームに生きる」を、5月14 日(土)WOWOWプライムで放送します。

この作品は、日本およびアジアの映像制作者にドキュメンタリーの国際共同制作の場を提供する国際ドキュメンタリー祭Tokyo Docs 2014 において、優秀企画賞とASD 賞の2冠に輝いた企画を、WOWOW と日本のプロダクションである東京ビデオセンター、台湾に拠点を置くCNEXの3 社により共同制作したものです。

e-Sports は新たなスポーツとして主に海外で人気を拡大し、スポンサーを得て世界各地の大会を転戦し賞金を獲得するプロ選手も数多く誕生。試合の模様は世界中にネット中継され、日本においてもここ数年、徐々にスポーツとしての認知度を高めています。番組では、人気対戦格闘ゲーム「ストリートファイター」シリーズのプロ選手として活躍する4 カ国5 人の選手に、1年にわたり取材を敢行。社会に認められないという葛藤や将来への不安を抱えながらも、“プロゲーマー”という新たな職業に人生を見いだし、闘い続ける日々を追いました。

■「国際共同制作プロジェクト 格闘ゲームに生きる」概要

今ビデオゲームの世界では、プレーすることで報酬を得るプロがいる。葛藤を抱えながらも、この新しい職業に人生を見いだし、闘い続けるプロゲーマーたちの生きざまに迫る。

<作品内容>
今、世界中に広がる“e-Sports”の大会。「ストリートファイター」シリーズのプロゲーマーたちは大手飲料メーカーなどをスポンサーとし、世界各地の大会を転戦し賞金を獲得する。試合の模様は世界中にネット中継され、会場は観客たちの熱気に沸く。

長年にわたり“世界最強”と称され、プロゲーマーの道を切り開いてきた梅原大吾は、ゲーマーが職業として認められない中、かつては周囲の無理解に苦しみ続けてきたという。その梅原を追いかけるのが、2014 年に世界大会で初優勝したももち。名実ともに梅原越えを目指そうとするが、一度頂点に立ったことで、かつてないプレッシャーにさいなまれることとなる。しかし恋人との結婚も考える中、勝ち続けるしか道はない。

そんな中、格闘ゲーム史上最高の賞金総額25 万ドルを掲げる「カプコンカップ ファイナルズ2015」が迫ってきた。世界から集まった32 人のトッププレーヤーたちによる激闘の火蓋が切られた。

<出演>
ももち(日本)
2014 年の世界大会を制した気鋭のプロゲーマー。公私にわたって支えてくれる恋人と結ばれるためにも、名実ともに“梅原越え”へ執念を燃やす。退路を断ち、世界大会連覇にすべてを懸ける。

ゲーマービー(台湾)
賭博業に生きた父の下で育ち、ゲームだけが心の支えという過酷な少年時代を過ごす。プロゲーマーとなったことで安定した生活を築き、人生の伴侶も見つけた。初の世界王座を目指す。

ジャスティン・ウォン(アメリカ)
北米を代表する最古参プレーヤー。NY の貧困家庭に育つが、ゲームの賞金によって成功をつかんできた。2004 年の梅原との伝説の一戦は、動画サイトで2千万回以上の再生を誇る。

ルフィ(フランス)
欧州最強の天才プレーヤーだが、平日は大手広告代理店で働くビジネスマン。将来への不安のためビジネスキャリアを捨て切れないでいるが、専業プロへの誘いに心が揺れている。

梅原大吾(日本)
“The Beast”(野獣)と称され、カリスマ的な人気と実力を誇る絶対的存在。劇的な試合運びは、常に観客たちを熱狂させてきた。俯瞰的な視点から、パイオニアとして業界全体を牽引する。

<放送>
5 月14 日(土)午後1:00 WOWOWプライム