マイクロトランザクションは利益率100%だという

Grand Theft Auto Vに搭載されたマルチプレイヤーモード”GTA Online”は基本無料のサービスとして提供されている。

しかし同時にRockstarは進行を早めたいプレイヤーのためにマイクロトランザクションを提供している。そしてそれらマイクロトランザクションはひどく人気があり、5億ドルもの利益をRockstarにもたらしたとGameSpotは報じている。

Rockstar Northの元代表として知られるLeslie Benziesは今週、親会社であったTake-Twoらに対して1億5,000万ドルの未払いを提訴し、その争いの中でRockstarが少なくとも5億ドル以上を稼ぎ出したと明かしている。

「GTA OnlineはこれまでのGTAフランチャイズ内で最高の利益率を記録している」と訴訟の中で語られており、その根拠としてGTA Onlineが提供するマイクロトランザクションは開発経費を除けば「ほぼ100%近い利ざや」を得ていることが挙げられている。

Take-Two CEOのStrauss Zelnickが2015年11月に伝えたところでは、毎週800万人以上ものプレイヤーがGTA Onlineを遊び、マイクロトランザクションを通して継続的に収益を上げているとしていた。

Grand Theft Auto V本体は最新の発表では6,000万本の出荷を記録し、その利益は販売利益のみで30億ドルに到達するとのこと。