2020年には日本での開催も予定

The International eGames Committeeは、eSports世界大会”The eGames”を発表した。

The eGamesは、メダルのみが授与される賞金の絡まない純粋な非営利の競技大会として立ち上げられたもので、あらゆる国からの出場を受け付ける大会として、出場国として現在のところイギリス/アメリカ/ブラジル/カナダが予定されている。PC Gamerが報じている。

eGames1

2016年のオリンピック開催に合わせてリオデジャネイロにて2日間開催され、2020年にも日本を会場に開催が予定されているとのこと。

The eGamesはイギリス政府が支援を行う一連のゲーム産業促進プログラムの一環である。日本ではあまり実感が沸かないものの、すでに欧米では社会的にもゲーム産業は巨大産業の一つとして認識されており、国家規模で今後を見据えたイギリス政府の意気込みが窺える。

大会に関する詳細は後日発表される予定。

eGames2