Steam月次ハードウェア調査が公開

Steamでは利用者がどのようなPC環境でゲームをプレイしているのかについて、収集したデータを毎月公開している。

DSOGの報道によれば2016年3月に行われた調査にて、Steam利用者に最も人気のあるOSがWindows 10となったことが判明したという。他にも大部分のPCゲーマーがIntel製のCPUとNVIDIA製のGPUを使用しており、市場に対する大きな支配率が見えている。

GPU内訳としてはNVIDIA製GPUの使用率は56.35%に対してAMD製GPUは25.5%となっており、Intel製統合GPUは17.77%。NVIDIA製GPUがDX12に最適化されるかは確定した情報がない中でもそのシェアは伸び続けている。

CPU内訳としては76.67%がIntel製を使用し、AMD製は23.33%となっている。コア数に関してデュアルコアは47.6%、クアッドコアは45.58%、それ以上のコア数は4.63%、シングルコアは2.19%との結果となっている。

Steam ハードウェア & ソフトウェア 調査: March 2016

Steam ハードウェア & ソフトウェア 調査: March 2016