核戦争後のモスクワを描くMetro 2033

“Metro 2033″シリーズの映画化について、映画脚本家および映画プロデューサーとして知られるMichael De LucaとStephen L’Heureuxが制作メンバーに加入したことがVarietyにて報じられている。

“Metro 2033″はカルト的な人気を誇る核戦争後のモスクワを描いた作品で、Dmitry Glukhovskyが執筆した同名の小説が原作。

Michael De Lucaは映画「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」や「マネーボール」で知られ、Stephen L’Heureuxは「シン・シティ 復讐の女神」の制作メンバーとして知られている。

原作者のGlukhovskyはこの報道についてコメントを発表しており、自分の作品を託すに相応しい制作者たちに出会えた喜びを伝えている。