『The Division』が『Destiny』の記録を塗り替える

国内外で発売を待ち望まれ、好調な売れ行きが伝えられていた『The Division』についてUbisoftがリリース後5日間の売れ行きを発表し、発売初日売り上げについて歴代新フランチャイズで最大のものとなったことが明らかとなった。この記録は『Destiny』の記録を塗り替えるものだ。

Activisionが発売したDestinyは2014年9月に発売された際、発売から5日間で3億2,500万ドルを売り上げたことが伝えられていたが、UbisoftはThe Divisionが発売から5日間で3億3,000万ドルを売り上げたことを報告している。

先週にはUbisoftはThe Divisionの初日販売について同社内の記録を次々と塗り替えていると報告していた。

PC Gamerの報道によればThe Divisionは最大で同時接続プレイヤー数120万人を記録したことが判明している。