J.J. Abramsが制作中と証言

映画版「Portal」および「Half-Life」は現在制作中であることがJ.J. Abramsによって明らかになった。IGNが報じている。

IGNが行った映画「10 Cloverfield Lane」に関するインタビューの際、AbramsはValveとの共同プロジェクトについて語った。

「まだしばらくはかかるが、しかし現在彼らは映画について取りかかっている」とAbramsは答え、自身についても脚本家を配置しValveとAbramsの両面から制作に取り組んでいることを伝えた。

両映画の話がメディアに浮上したのはDICE 2013が初であり、当時AbramsとGabe Newellは映画制作およびゲーム制作についてパートナー提携を行ったことを表明したことに遡る。AbramsはValveと共にゲームを制作したいと語り、NewellはPortalとHalf-Lifeについて映画化の可能性を提案していた。

AbramsはインタビューにてPortalおよびHalf-Lifeの映画について「何も刺激的な新発表はできない」としたものの、両作品のファンにとって制作が未だ行われていること自体が刺激的な発表であることは間違いないだろう。

発言についてはインタビュー動画における1分02秒付近を参照。