Xboxは今後クロスネットワーク・プレイをサポート

MicrosoftはXbox OneおよびWindows 10について、今後はクロスネットワーク・プレイをサポートしていく方針を発表した。

これが意味するのはXboxは今後、PlayStationやSteamといった他社製ハードを遊ぶプレイヤーと共にオンラインプレイを実現していくということだ。

ID@Xboxのディレクターを務めるChris CharlaはXbox Wireにて「この方針をサポートするかどうかはゲームデベロッパー次第だ」と語っており、クロスネットワーク・プレイを実際に実装するかは強制せず、プレイヤー側からもXbox Live利用者とのみマッチングしたい場合は常にそのオプションを選択できることを明言した。

SONYはこの提案に乗るのか

Game Spotの報道によれば、Rocket LeagueではすでにXbox Liveを用いてPCとXbox Oneのマッチメイクを実現しており、Microsoftは”他のネットワーク”に対しても同様の取り組みへの参加に声をかけているという。

Rocket LeagueはXbox One版リリース時にはPlayStation 4-PC間でのクロスネットワーク・プレイをサポートしていたが、Xbox One-PlayStation 4間については実現していなかった。

長らく全てのゲーマーに望まれてきたハード間の断絶のない時代が訪れようとしているのかもしれない。Microsoftが示した”他のネットワーク”にはまず間違いなくPlayStationの擁するPSNが含まれているが、SONYはこの提案を呑むだろうか。