『Fable Legends』がキャンセル

Microsoftは長らく開発途中であった『Fable Legends』のキャンセルおよび、開発スタジオLionheadの閉鎖に関して従業員との協議中であることを発表した。

また、さらにXbox独占プロジェクト”Project Knoxville”の開発を行っていたPress Play Studiosの閉鎖も併せて発表された。

「これは厳しい決断だった。彼らの持つ信じられないほどの才能や想像力は我々にとって軽い物ではなかった」とMicrosoft Studios Europeのゼネラルマネージャを務めるHanno LemkeはXbox Wireにて語っている。

「Lionheadスタジオは過去10年間にわたってFableシリーズを通して世界中の人々を楽しませてきた。Press Playはゲーム産業にMax: The Curse of Brotherhoodのような作品を通して創造的な精神を注いできた。今回の決断はMicrosoft Studiosがその投資と開発力を最もエキサイティングなフランチャイズに集中させるための選択だ」

Lemkeはスタジオの閉鎖に伴い解雇となる従業員の今後について、最大限の助力を行うとしている。