クトゥルフ神話をベースとしたオープン・ワールドゲーム

“Sherlock Holmes The Devil’s Daughter”の開発元として知られるFrogwaresは、新作『The Sinking City』を発表した。

『The Sinking City』はクトゥルフ神話をベースとしたオープン・ワールド推理ゲーム。

本作はFrogwaresが挑む初のオープン・ワールド推理ジャンルであり、クトゥルフ神話を生み出したラヴクラフトの世界観を再現するとのこと。

Frogwaresは本作のジャンル以外について情報を公開していないものの、PC Gamerの報道によればデモ版を来週より開催されるGDCにて展示する予定であり、事前公開としてスクリーンショットおよびコンセプトアートを公開している。

zyqd3WC4QCC1 TPWs3U6WRr2- lh81ooujQwuv