『狼と香辛料』の続編が連載開始

2006年2月に電撃文庫から発売された『狼と香辛料』が、2016年2月に10周年を迎える。

ヨイツの賢狼ホロと行商人ロレンスの旅を描いた本作は、著者の支倉凍砂氏のデビューと共にスタートした作品でもあり、両者の10周年を祝って特別公式サイトがオープンされた。

公開された10周年公式サイトでは完結を迎えていた本作について「『狼と香辛料』復活!!」と綴られており、賢狼ホロと行商人ロレンスの物語が再び動き出す、と告知がなされている。再びの連載開始は2016年4月9日発売予定の”電撃文庫MAGAZINE Vol.49″からとなっており、同日公式サイトも本格始動を開始するとのこと。

支倉凍砂氏は現在『マグダラで眠れ』シリーズの連載でも知られ、最近ではゲームの脚本も手がけており得意としていた金融冒険ビジュアルノベル『WORLD END ECONOMiCA』が好評を博していた。