『The Division』のクローズドベータ状況

Ubisoftは現在PC/PS4/Xbox Oneにてクローズドベータ実施中の新作『The Division』について、バグフィックス及び変更点に関して発表を行った。

バグに関して、Ubisoftは最新のパッチでは10,000以上のバグの修正を行ったと発表しており、テクスチャの乱れやキャラクターのローディングが95%でスタックする現象、武器が浮遊するバグや銃声の消えてしまうバグなどの修正が含まれているという。

新たなパッチではThe Divisionにさらなる言語サポートを追加し、UIの改善や武器バランスの調整を行うほか、キャラクターのプログレッションについての変更などを行っていく。

The Divisionのパッチ状況についてはUbisoftフォーラムにて閲覧することができる。

クローズドベータの参加権は抽選のほかに、ゲーム予約者にもれなくプレゼントされている。