ハードとネットワークが一つの組織へ統合

株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントとソニー・ネットワークエンタテインメントインターナショナル、SCEの略称とSNEIとして知られた両社が統合され、2016年4月1日より新会社「ソニー・インタラクティブエンタテインメントLLC」として設立されることが明らかとなった。

両者の有する全てのハードウェア、ソフトウェア、コンテンツ、ネットワークサービスが統合されることでこれまで分散していた「プレイステーション」の各ビジネスユニットが一つの新組織として結集することになる。

1993年11月に創業したSCEは、プレイステーションを1994年12月に発売して以来、新たなエンターテインメント市場を切り拓き、歴代プレイステーションの発展を支え続けてきた。2010年4月にスタートしたSNEIでは「プレイステーションネットワーク」(PSN)を通じて、プレイステーション・ストアなど主にネットワークサービス分野でプレイステーション事業を支えてきた歴史を持っている。

両者を統合することでより高い競争力を身につけ、プレイステーションというブランドの強化と市場におけるリーダーシップの発揮を目指していくと声明では語られている。

2017年度にはソニーグループにおけるゲーム&ネットワークサービス分野として、売上高1兆4,000億円~1兆6,000億円、営業利益率5~6%の経営数値目標を目指しているとのこと。

160126a