Steamに隠しバッジ要素が仕込まれていることが判明

Steamはクリスマスの大規模セールの開始と同時に、密かに新たな遊びを実装していたようだ。

海外ゲーマーを中心としたSteamコミュニティの熱心なメンバーたちが、Steamに仕掛けられた遊びを発見し、様々なページや音声ファイルなどに暗号が散りばめられていることを発見した。そんなSteamが仕込んだ遊びの一つに、暗号を入力すると「隠しバッジ」が入手できるものがある。

“Red Herring”と名付けられたバッジは、Steamストアにてある暗号を入力することで入手が可能だ。

今回は暗号解読の経緯などはひとまず置いておき、隠しバッジの入手方法を紹介する。

steamSecretBadge

隠しバッジ”Red Herring”の入手方法を紹介

今回の隠しバッジを入手するためにはSteamストアをブラウザで開く必要がある。Steamをブラウザで開きログインを済ませておこう。ログインした状態でSteamが開けたらアクションゲーム『Ikaruga』のストアページを開く。

ストアページを表示している間に“search”と入力し、エンターキーを押下するとブラウザ上に入力欄のみのダイアログがポップする。検索欄やURLバーに入力するのではなく何もフォーカスしていない状態で入力をする。下記画像はGoogle Chromeでの例だが、ダイアログが表示されれば正解だ。

steamSecretBadge2 steamSecretBadge3

そして表示されたダイアログ中の入力欄に発掘されたパスワード「1v7531」を入力し、OKボタンを押下する。すると画面が遷移し、バッジを入手した旨が表示され、無事に隠しバッジ”Red Herring”を入手できているはずだ。手順を動画にしたものが海外ユーザーより投稿されているので、必要があれば参考にしてみてほしい。

隠された暗号はまだまだ存在する?

ちなみに隠しバッジ名であるRed Herringを和訳すると燻製ニシンという意味であり、強い臭いのするものであることから英語圏では慣用句として「注意をそらすもの=ひっかけ問題」という意味を持つようだ。

このことから今回のSteam遊びは未だ正解へとたどり着いていないのではないかと疑われており、コミュニティでは暗号解析作業が続けられている。

暗号解析の様子はSteam Sale Detectivesにて伺うことができる。