FPSとTPSとRPGの要素を併せ持つ”ハードコアな物語ベースMMO”

ロシアの都市を舞台とした”ハードコアな物語ベースMMO”である『Escape From Tarkov』に注目が集まっている。本作は何らかの理由によって当局によって閉鎖区域となったロシアの架空都市Tarkovと、そこに蔓延る民間軍事会社とレイダーら複数の勢力が入り乱れ秩序の崩壊した戦場を描いていく。

本作はFPSとTPSとRPGの要素を併せ持つタイトルとなっており、2016年内の発売を目指してBATTLESTATE GAMESが開発を行っている。

doopeの報道によれば、Escape From Tarkovの名が示すとおり本作は過酷な戦場となったTarkovからの脱出を目指すストーリー・ドリブンな作品となる。MMO的なクエストシステムによってゲームは進行していき、オンラインプレイをベースとして設計されていながらも複数のシナリオに分割されたストーリーモードを基調とする。

プレイヤーのライフは1つのみで、死亡した場合は所持していたアイテムをすべてロストするとのこと。

『Escape From Tarkovの』では可能な限り現実的な要素を取り込むことを目標としており、高度な物理演算による弾道モデルや、脱水症や怪我といったサバイバル時に遭遇する健康状態の変化、動的なインゲーム経済システムを実装するという。

オンラインプレイをベースとしているためクランシステムも搭載されており、クランでは活動に制限はなく、ほかのプレイヤーを狩ることを専門としても良く、交易を重視するトレーダーとしての活動も可能だという。

『Escape From Tarkov』は現在PC/Mac向けに開発が進められている。

12370765_1509890672638581_7539368798405618955_o 12362806_1510819562545692_75029188955699563_o 12339306_1508178812809767_649311614811285079_o