映画「バイオハザード」撮影クルーが死亡

映画「バイオハザードVI ザ・ファイナル・チャプター」(Resident Evil: The Final Chapter)の撮影クルーが、今月初め南アフリカでの映画の撮影中に発生した事故で負傷し、死亡していたことが判明した。

Entertainment Weeklyが報道した内容によれば12月3日、撮影クルーで34歳の男性Ricardo Corneliusが死亡。ケープタウンでの撮影セットで事前の安全確認中に発生した事故によって亡くなったとドイツの制作会社Constantin Filmは報告している。目撃者によれば彼はターンテーブルに取り付けられたハンマーを回転させるリハーサル作業を行っていた際、足を滑らせハンマーと壁の間に挟まれたとのこと。

「我々全員はこの悲劇的な事故にひどくショックを受けるとともに、悲しみを抱いている」とConstantin Filmのスポークスマンはコメント。「我々の想いと祈りは彼の家族と共にあります」

Corneliusの妻であったShafiefaが南アフリカのメディアに語った内容によれば、Corneliusを診察した医者からは「彼の肺は完全に潰されてしまっている上、酷い出血だ」と報告したという。「彼は意識不明で、すでに生命維持装置が取り付けられていました。私は彼の手を握って、私たちの元を去ってしまわないように語り続けていました」

Milla Jovovich主演の映画「バイオハザードVI ザ・ファイナル・チャプター」は2017年1月に公開予定。

バイオハザード オリジンズコレクション
カプコン (2016-01-21)
売り上げランキング: 256
ウルトラバリュー バイオハザード ブルーレイセット [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2013-12-20)
売り上げランキング: 1,116