『Fallout 4』に熱中するあまり妻と仕事を失った男

次々と新たな体験が押し寄せるゲームは、止め時がなく中毒性があるとよく言われる。そしてあるロシア人ゲーマーにとって『Fallout 4』は強い中毒性を持つゲームであったようだ。世界が注目したこの傑作は、まさしく人生を変えるゲームとなったということだ。

海外メディアが報じた内容によれば、Fallout 4はあまりに強い中毒性を持っているにもかかわらず、プレイヤーの健康と幸福に対して警告がなされていなかったとしてBethesda Softworksとローカライズを担当したSoftklabに対して訴訟を起こしているという。

男はゲームに熱中するあまり3週間もの間プレイし続けた。その結果、男は仕事と妻を失うこととなったとのこと。シベリアに位置する街Krasnoyarskに暮らす28歳の男は仕事をさぼり、友人付き合いも絶ち、妻との交流も放置してFallout 4に勤しんでいた。当然男の健康状態も悪化していった。

「中毒性を持つ作品だと知っていれば、もっと慎重になっていた」

「このゲームがこんな中毒性を持つ作品だと知っていれば、もっと私は遊ぶのに慎重になっていたはずだ」と男は語る。

もちろん海外メディアからは3週間程度で離婚に陥るようならばゲームの問題ではないとばっさりと切り捨てられている。なんにせよ男は補償として500,000ルーブルの賠償を要求している。これは米ドル換算すると約7,000ドルとなり、この訴訟に対するBethesdaの反応は見物である。

世界最大のアダルトサイトに対してアクセス数を変動させる影響を持つなど、今年最も人々の人生を揺さぶったゲームは『Fallout 4』で間違いないだろう。

Fallout 4
Fallout 4
posted with amazlet at 15.12.22
ベセスダ・ソフトワークス (2015-12-17)
売り上げランキング: 8