「生み出してみたいと思っています、そう確かに考えています」

開発のキャンセルが発表され発売が絶望的となっていた『Star Wars 1313』について、LucasfilmのヘッドであるKathleen Kennedyが本作について言及したことで復活の可能性が見えてきた。

E3 2012にて発表され映画シリーズファンから注目を浴びたものの、LucasArtsの閉鎖に伴いプロジェクトがキャンセルされ商標出願も終了していた『Star Wars 1313』。しかし映画「Star Wars: The Force Awakens」に関連するプレスの最中に、Kennedyは海外メディアに対して過去のフランチャイズ関連プロジェクトとアイデアについて同社は「動いている」と発言した。

Kennedyは現在チームは、George Lucasが生み出したキャンセルとなったStar WarsユニバースをベースとしたケーブルTVシリーズを読み進めていると発言し、DisneyにLucasfilmが買収された際にキャンセルされた『Star Wars 1313』についても考察しているとした。

「我々の態度はそう、我々は何かを捨ててしまいたくはないのです」とKennedyは言う。「それはゴールドです。多くの時間を議論などに費やす価値のあるもの。生み出してみたいと思っています、そう確かに考えています」

『Star Wars 1313』は全休を都市に覆われた惑星Coruscantを舞台としBoba Fettの登場を特色とした作品であった。

Disneyに対して今後10年間の開発契約を結んだEAは、Visceralが開発していたStar Warsゲームについてなんら語っていないものの、1313及びアンチャーテッドに影響を受けた作品が開発中であると語っている。

via: PCGamesN, PCGamer, VG247

Star Warsバトルフロント
エレクトロニック・アーツ (2015-11-19)
売り上げランキング: 35
いけにえと雪のセツナ
スクウェア・エニックス (2016-02-18)
売り上げランキング: 276