当期純利益は190億円から20億円へと大幅な修正

セガサミーホールディングスは12月4日「通期業績予想の修正に関するお知らせ」を発表し、前回発表時から純利益を約90%引き下げたことを報告している。

同社は2016年3月期通期(平成27年4月1日~平成28年3月31日)の連結業績予想を修正し、売上高は従来予想4200億円から3550億円、営業利益は250億円から100億円、経常利益は250億円から90億円、当期純利益は190億円から20億円へといずれも下方修正としたことを発表している。

修正の理由として遊技機事業においてパチスロ遊技機の販売台数が計画を下回る見通しとなったこと、エンタテインメントコンテンツ事業において新作デジタルゲームの投入が延期となっていることを挙げている。

175822867856613f8c9c6c00020

via: Gamesutra, SocialGameInfo