『Borderlands Online』の開発がキャンセル

「『Borderlands Online』は費用対効果が見合っていない」

親会社であるTake-Two Interactiveは、ゲーム開発スタジオ2Kの中国支部である”2K China”の閉鎖と開発中であった『Borderlands Online』のキャンセルを公式に認めた。上海に存在していたオフィスに勤めていた150人の従業員は失業した。

「我々はアジアで事業を拡大する機会に恵まれており、今後もこの地域にトリプルAタイトルを届けることを継続します。現時点で我々は2K Chinaを閉鎖していることは事実です」とTake-Twoの広報部は海外メディアに話している。

「我々はスタジオが現在取り組んでいたプロジェクトが、特に『Borderlands Online』は、かける費用に見合った利益をもたらさないと判断しプロジェクトの停止を要求しました」

Take-Twoは失業した150名の元従業員について、「ほとんどのスタッフは別の会社で働く機会を得ている」とコメントしている。今回のスタジオの閉鎖は、会社の決算及び『NBA 2K Online』を開発しているシンガポールのチームには影響を及ぼさないとのこと。Take-Twoは今会計年度にローンチを迎える韓国での『Civilization Online』に期待を寄せているとした。

via: gamesindustry.biz, PCGamesN

ボーダーランズ ダブルデラックス コレクション
テイクツー・インタラクティブ・ジャパン (2015-05-14)
売り上げランキング: 460
Borderlands Gentleman Caller Claptrap Action Figure
Neca
売り上げランキング: 394,790