eSportsファンの男女比率や人気タイトルなどが判明

アナリスト会社EEDARは最新のレポートにて、eSportsファンに関する内訳デモグラフィックを公開した。調査はトーナメントへ参加するファンや視聴のみを行うファンの両者が対象となっている。

eSportsファンの64%は男性だ。Dota 2やSMITE、Counter-Strike: Global Offensiveといった代表的なeSports作品では、その比率は更に上昇し75%以上が男性の比率となるという。

eSportsにおけるタイトル別の人気を比較してみると、最も観衆に人気のあるゲームはLeague of Legendsであった。ジャンルとしてみた時にはMOBAジャンルがeSportsでは最も人気で、シューターと格闘ゲームが続く。

eSportsファンの購買意欲は高く、一般的により多くの支出をしている層とされている。彼らは驚くことにeSports関連のあらゆるアイテムを購入している。EEDARによればイベントチケットはもちろん、様々なブランドが提供している周辺機器にまでその購買力は及んでいる。そのようなゲームに対する関心がありながらもしかし、彼らのうち40%は現実のeSportsイベントへ参加する意思はないという。

レポートの全文はEEDARサイト上にて会員登録が必要なものの無料で配布されている。

ESports demographics Fans skew male, spend more on games2 ESports demographics Fans skew male, spend more on games4 ESports demographics Fans skew male, spend more on games5 ESports demographics Fans skew male, spend more on games3

via: Gamasutra