ゲーム業界トップ企業は平均して16%の成長を達成

市場調査会社Newzooがゲーム業界における収益ランキングを調査したレポートを公開した。レポートは2015年前半を対象に調査したもの。

ほとんどの上位企業では前年に比べ収益が成長しており、1位のTencentは23%、MicrosoftもPS4にXbox Oneが押されている状況下にいながらも業界2位の座をキープ、3位のソニーは12%の急上昇となっている。ゲーム業界トップ企業たちの2015年の収益成長率は平均して16%となり、業界全体として好調な印象だ。

NewzooはAppleのApp Storeにゲーム業界の好調な推移の影響が大きく反映されているとし、携帯端末の急激な普及を果たした中国市場の後押しを受けて収益が28%の急上昇したと報告している。

ランキング上位25社の中には新たに「モンスターストライク」のミクシィやWarner Brosが加わったものの、反対にUbisoftやグリーは大きなヒット作の不在が影響しリストから姿を消した。

今回の調査は収益データを公開している企業のみを対象にしており、完全な情報を公開していない企業については推測値が用いられているため数値に多少の前後が認められる可能性もある点に注意したい。レポートの全文はNewzoo公式サイトにて公開されている。

また、今回のランキングにて業界5位となっているActivisionは先ほど10位のKingを買収したことを発表している。

Tencent still on top, in latest list of top game companies by revenue2

via: Gamasutra, Newzoo

Act of Aggression [オンラインコード]
Focus Home Interactive (2015-09-02)
売り上げランキング: 9,956