Call of Duty、World of Warcraft、Candy Crushが一社に

ゲーム業界における世界的な大企業のモバイルゲーム会社買収が注目を集めている。

Call of Dutyシリーズ、World of Warcraftシリーズ、Candy Crush、家庭用ゲーム機/PC/モバイルとそれぞれ異なるハード・収益スタイルにおいて成功を収めた三大シリーズがActivisionの元に揃うこととなった。

Activisionはパズルゲーム「Candy Crush」や「Farm Hero」で知られるKing Digital Entertainmentを59億ドルで買収したことを発表。

モバイルゲーム界の巨獣であったKingの買収により、今後Activisionのゲーム展開はより多角的なものへと変化していくことが予想される。

2014年3月のフェイスブックによるOculus VRの20億ドル買収、2014年8月のAmazonによるTwitchの9億7000万ドル買収、2014年9月のMicrosoftによるMojangの25億ドル買収。近年相次いだゲーム業界に関係する超大規模買収に続き、また一つリストが加わりゲーム業界のパワーバランスに変化が訪れた。

via: VentureBeat