YouTube Redはユーザーが広告をブロックした当然の結果

YouTube上で最も多く稼いでいるといわれるゲーム実況プレイヤーのPewDiePie氏は、広告をブロックする行為に反対する意見を述べ、彼の投稿動画を視聴するおよそ40%のユーザーが広告ブロックを使用していることを明らかにした。

ThoughtsonYouTubeRedPewdiepie2

YouTubeが先日発表した、月額10ドルで広告挿入なしの視聴環境や動画ダウンロード機能などが提供される有料会員サービス”YouTube Red“について、YouTube利用者たちからは不満の声が挙がっていたが、PewDiePie氏は自身のブログにて意見を投稿し、YouTube Redが登場したのは広告ブロックを利用してきた結果だと語っている。

Daily Mailが今年初めに報道した「YouTubeは赤字続き」という記事を見れば、なぜ有料会員サービスが開始されたのかは明白だろう。

tumblr_inline_nwy97uFpwa1qm49lz_500

広告ブロックを使えば済むものに月額10ドルを払うのか

tumblr_inline_nwy87zwjfv1qm49lz_500

いずれにせよ、大部分の人々は未だYouTube Redに加入していないようだ。なぜ?答えは単純だ。「無料のAdblockを利用すれば同じ事を実現できるのに、なぜ広告を表示しないために月額10ドルを払うのだろうか」とYouTube Redに反対するユーザーは意見を述べている。

「Adblockを使うことは、あなたが賢いということを意味しない」

PewDiePie氏は実際に、自身の動画を視聴するユーザーの約40%が何らかの広告ブロック機能を利用していることをGoogle Analyticsなどで確認していると語った。「これが意味することは、YouTubersは本来の広告収入の40%を失っているということだ」と警鐘を鳴らした。

個人的な問題としてPewDiePie氏は「自分の動画に対して広告ブロック機能を利用される分には問題は無いが、これがより小規模なチャンネルの動画に対しても行われた場合、その影響は破壊的ですらある」とコメントしている。

「YouTube RedはAdblockに対処するために生まれた。あなたがAdblockを使っていることは、あなたが賢くてシステムを凌駕したことにはならない。Adblockを使っているからこそYouTube Redが生まれたのだ」

広告ブロックがもたらす短期的なユーザー体験の向上と長期的なユーザー自身の首を絞めかねない可能性に、PewDiePie氏は疑問を投げかけている。

via: PewDiePie, VG247

奴隷のしつけ方
奴隷のしつけ方
posted with amazlet at 15.10.31
マルクス シドニウス ファルクス ジェリー トナー
太田出版
売り上げランキング: 791
カルタゴ興亡史−ある国家の一生 (中公文庫BIBLIO)
松谷 健二
中央公論新社
売り上げランキング: 309,452