『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』の新情報が公開に

1495317092749348898

スクウェア・エニックスの名作ニーアの続編『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』、プラチナゲームズが開発する本作の初となる世界観設定やキャラクター名などの新情報が公開されている。そんな本作ではタイトルの通りオートマタ、機械の体を持つものが重要な鍵となるようだ。

1495317092891620898

アクションRPGとして制作される『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』では、人類が異なる星よりやってきた侵略者と彼らの兵器によって地上を追われた未来を舞台とした物語が描かれるとのこと。

遠い未来。

突如、侵略してきた異星人。

そして、彼らがくり出す兵器“機械生命体”。

圧倒的戦力の前に、

人類は地上を追われ月へと逃げ延びていた。

地球を奪還するために、

人類側はアンドロイド兵士による抵抗軍を組織。

さらに、膠着した戦況を打破するため、

新型アンドロイドである

戦闘用歩兵“ヨルハ”部隊を投入する。

人のいない不毛の地でくり広げられる

機会兵器とアンドロイドの熾烈な戦い。

やがてそれは

知られざる真実の扉を開けてしまうこととなる……

アンドロイド兵士「ヨルハ 二号B型」

1495317092891620895458

公開されたキャラクター情報ではスクウェア・エニックスの元デザイナーとして知られる吉田明彦氏がデザインした、人類側の投入したアンドロイド兵士「ヨルハ 二号B型」が紹介されている。略して「2B」と呼ばれる彼女は万能戦闘モデルとして設計されたアンドロイドで、近距離戦闘では刀を使用し長距離線ではサポートシステム・ポッドを用いて戦うという。

トレイラーにおいて彼女が仮面をしている理由も海外メディアにて紹介されており、戦闘用ゴーグルを装備している2Bがその瞳を晒すことは稀であること、アンドロイドは感情を持つことを禁じられているにも関わらず彼女らは個性を持ち、2Bは物静かな個性を持っているとのこと。

ニーアと舞台「ヨルハ」の類似点

今回の発表に伴い、本作のディレクターを務めるヨコオタロウ氏が原作と脚色を手掛けた舞台「ヨルハ Ver.1.1」と『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』の共通した設定の類似点が指摘されており、同様の世界観を共有した物語なのかとファンの間では話題になっている。

舞台「ヨルハ Ver.1.1」のあらすじは以下。

遠い未来、機械生命体によって地球を
侵略された人類は、月へと逃れていた。
衛星軌道上に存在する人類の防衛拠点では、
アンドロイドたちが人類に代わって
侵略者たちと戦っている。
第十四次降下作戦において予想外の攻撃を受けた
実験部隊『ヨルハ』はたったの四機を残して全滅……。
しかし、地上に残って抵抗運動を続けていた
レジスタンスと合流したヨルハたちは
司令部の過酷な命令に応え、
機械生命体へと決死の戦いを挑むのだった。

PARIS GAMES WEEK 2015で公開されたゲームプレイ映像

『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』はPS4向けに予定だが、発売日に関しては未発表。

via: Kotaku, gamestalk

ニーア ザ・コンプリートガイド+設定資料集 GRIMOIRE NieR (電撃ゲームス)

アスキー・メディアワークス
売り上げランキング: 10,304
アルティメットヒッツ ニーア レプリカント
スクウェア・エニックス (2011-04-21)
売り上げランキング: 1,161