ゲーム市場規模ランキング上位100が発表

異世界相手に地球はエンターテインメントを輸出する、そんな設定を持った作品などは少なくない。実際凄い。この惑星地球でビデオゲーム市場は年間に約10.9兆円を稼ぎ出している。市場調査会社Newzooが発表した最新のレポートで、国別のゲーム市場規模トップ100位が公開されている。

レポートによれば世界のゲーム市場は上位20国だけで全体の91%を占める状況であり、中国市場が最大大手、次いでアメリカ合衆国、日本がリストに名を連ねている。市場規模はそれぞれ中国市場が222億ドル規模、アメリカ市場が219億ドル、日本市場が123億ドル規模となっている。

Newzoo

中国とアメリカではモバイル及びPCは両者ともに人気を誇り、アメリカではコンソールゲーム機の市場規模が世界最大となっている。それに対照するように第3位の日本ではモバイルゲームが圧倒的な規模を持ち、世界最大のモバイルゲーム市場となっている。その中で興味深いことは『パズル&ドラゴンズ』及び『モンスターストライク』という2作品が市場の大部分を支えている点だ。

今回発表されたレポートは、ゲーム業界のグローバル戦略を見る上で興味深いデータとなるのは間違いないだろう。

全リスト上位100位はNewzoo公式ウェブサイトにて公開されている。

via: VentureBeat, Gamasutra