視界に試合情報が投影される未来的スポーツ観戦の姿

生観戦の良さを活かしたままに、テレビ中継時と同じような情報を見られる。日本ハムファイターズとエプソンが共同で行った「スマートグラスを使った野球観戦」から、訪れつつある未来の姿が垣間見えた。

現地に赴いてのスタジアム観戦は、目の前で選手の活躍を見たり周りのたくさんのファン達との一体感など、生でしか味わえない迫力と感動に満ちている。しかし反面にテレビ中継時のような詳細な投球や選手に関する情報がないために、配球や試合戦略が分かりづらいという問題が長らく課題とされてきていた。

最近ではプレイボールから試合終了まで1球ごとの経過をリアルタイムに速報する「1球速報」サービスなども登場し始めているが、一旦試合から目を離して手元を見る必要があり、重要な場面を見逃す原因にもなりまだまだ問題の解決には遠かった。

そこで今回注目されたのが、身につけて持ち歩くことができるコンピュータ「ウェアラブル端末」である。視線を試合観戦から外す必要なくカウントなどの試合情報をリアルタイムに見る、そんな目標をかなえるための施策として9月22日に行われた日本ハムファイターズ対ソフトバンクホークスの試合では、前述した「スマートグラスを使った野球観戦」のトライアルが実施された。

スマートグラスを使った野球観戦システム

0.スマートグラス越しでどう見えているか

今回の施策では、台湾人のスーパースター陽岱鋼選手を応援するために日本へと訪れた台湾人観光客の一団に体験してもらったとのこと。施策では試合観戦をより楽しんでもらえるよう、翻訳した情報をスマートグラス内でリアルタイムに表示した。使用されたのはエプソンの「BT-200」。

当日にはカウントなどのデータ入力は別途オペレーターが対応したものの、今後はスタジアム自体で使われているデータをAPI化して連動させることで、よりシームレスなデータ表示を目指す。

観戦客に生の一体感を味わってもらいつつ、取得できる情報はテレビ中継と遜色ないレベルで提供する。さらに外国人向けに翻訳しつつ表示するシステムが実用化できれば、来るオリンピックでは今までにない未来的なスポーツ観戦の場を実現できるのかもしれない。

今後はその他のスポーツへの展開も視野に実運用・導入に向けて、実証実験が続けてられていく予定とのこと。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
「体験はコピーできない」、VRデバイスが動画サイトでは共有できないパーソナルなゲーム体験を蘇らせる
via: プレスリリース

EPSON MOVERIO スマートグラス BT-200
エプソン (2014-06-30)
売り上げランキング: 44,224