eSportsの市場規模の成長予測が上方修正

eSportsのゲームイベントや関連する広告によって発生した収益が予測よりも上向きに増加傾向となっており、市場調査会社NewzooのレポートによればeSports全体が生み出す収益は2018年には7億6500万ドル(約913億円)に到達すると予測されている。

Newzooが2月に発表したレポートでは、eSportsは2017年までに554億円の市場規模へと成長するとされていたが、そこからさらに2018年には倍近い成長を続けるとした今回のレポートからは、eSportsの脅威の成長性を見て取れる。

報告ではeSportsビジネスの成長を上方修正し、eSports市場で急成長を遂げているのはインターネット広告であると報告している。eSports関連の動画やライブストリーミングが急増していくとした。同分野は昨年6500万ドル規模であったが、既に2015年では1億700万ドル規模へと成長している。

newzooesports

eSportsビジネスを上手く取り込もうとするゲーム開発者にとって、今回のレポートの結果は今後もeSportsの観戦を楽しむユーザーは増え続けることを表しており、より視聴者が楽しめるゲーム開発が必須課題となるだろう。

またNewzooのデータによればeSportsの最大の収益は、ゲームに関連したタイアップやブランドとの協力によるものに依存することが示されており、そういった活動を前提としたeSportsへの準備が万全なゲームを設計できているかが重要になるとのこと。

via: Gamasutra